プエラリアは女性ホルモンの働きをサポートしバストアップにも効果がある?

プエラリアはどんな成分なのかというと、女性ホルモンに似た効果を及ぼす成分です。
マメ科植物の一種でタイやミャンマーが原産国です。

プエラリアには植物性エストロゲンとプエラリンという成分が含まれています。
植物性エストロゲンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た効果を引き起こし、女性らしい身体作りをサポートしてくれる成分です。
プエラリンは女性ホルモンの働きをサポートするイソフラボンを豊富に含んでいるので、ハリや柔らかさを増す効果が期待できる成分です。

よって、プエラリアは女性ホルモンと同じ様に働きかけ、女性らしい柔らかさやハリをもたらしてくれる成分と言えます。

プエラリアの危険性

プエラリアを過剰に摂取すると副作用を引き起こしてしまいます。

プエラリアを過剰に摂取するということは女性ホルモンも過剰に摂取することと同じです。
プエラリアを通して女性ホルモンやイソフラボンを大量に摂ってしまうと体内のホルモンバランスが崩れて、副作用を起こしてしまいます。

プエラリアを多く摂取し過ぎることで起こる副作用の症状として、頭痛、吐き気、腹痛、むくみ、不正出血、生理不順が挙げられます。

副作用が見られた場合はプエラリアの摂取を中止するか、摂取量を半分に減らしましょう。
特に初めて、プレラリアを摂取しようとする場合、プレラリアの含有量が少ないものを選んだり、目安の使用量よりも少ない量から始めることをおススメします。

プエラリアの効果

プエラリアを摂取することで「バストアップ効果」「美肌効果」「更年期障害の症状改善効果」が期待できます。

女性ホルモンの働きをサポート

バストアップ効果は植物性エストロゲンによって女性ホルモンと同様の効果を引き起こし、女性らしい身体へと導きやすくし、プエラリンという成分が女性ホルモンの働きをサポートすることでバストアップ効果が期待できます。

美肌効果

美肌効果については、プエラリンに含まれている植物性エストロゲンの働きによって女性らしいハリと柔らかさのある肌を作ってくれることに関係しています。

更年期症状が緩和する

更年期の症状軽減や改善効果については、プエラリンを摂取することで女性ホルモンのバランスを正常にしてくれます。
更年期症状が起こる原因は女性ホルモンの分泌が減って、ホルモンバランスが崩れることによって起こるので、プエラリアを摂取することで女性ホルモンの不足を防ぎ、更年期障害特有の症状の緩和と改善、予防にも働きかけてくれます。

ピンキープラスの口コミはこちら>>

プエラリアは美肌とバストアップに効果的

プラエリアはタイやミャンマーといった亜熱帯地方に自生するマメ科の植物です。
根元は砂糖や食物繊維が豊富ですが、注目されるのは植物性エストロゲン・イソフラボンです。
植物性エストロゲン・イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをし、大豆に含まれていることで有名ですが、プラエリアはその大豆の40倍もの含有量を誇ります。
ビルマの古文書にはプラエリア・ミリフィカを食べた女性が高齢になっても美しさを保っていたという記述があり、美容成分として注目を浴びています。

過剰摂取は危険です

プラエリアエストロゲン活性化作用が強い反面、副作用も懸念されます。
現在日本入手できるもののほとんどはサプリメントなど成分が凝縮されたものです。
手軽に口に運べるほか、美容効果を狙って過剰摂取をすると女性ホルモンも過剰な刺激をうけて余計に分泌されてしまいます。
その結果、体内のホルモンバランスが崩れて吐き気、腹痛、頭痛、むくみ、生理不順、不正出血などの症状を引き起こすことがあります。
また、糖尿病とC型慢性肝炎に罹患していた50代の男性が肝機能改善の目的でプラエリアサプリメントを自己判断で摂取した結果、死亡した例も日本で報告されています。
死因は肝不全・腎不全で、プラエリアに含まれる成分と因果関係があるのではないかと医療機関が指摘しています。

美容効果とバストケアに効果がある

通常の摂取量・目安量を守っていれば死亡や障害を伴うような副作用は心配する必要はありません。
プラエリアの美容効果は高く、特にバストアップをはじめとする美乳効果が期待できます。
女性ホルモンに働きかけるためバストアップのみならず、美肌効果といった女性の美容全てに働きかけます。
健康的な桜色の爪や艶やかな髪の毛といった、メイクではカバーできないところも体の内側から働きかけて若々しさと美しさを保つ効果があるようです。
さらには若年性更年期障害を予防しますし、40~50代になって訪れる更年期障害を軽減する効果もあります。
美容だけではなく、将来の疾病も予防してくれる成分なので、女性としては手放したくないのではないでしょうか。

女性ホルモンの働きをサポートしてくれる!

プエラリアはマメ科の植物で、タイやミャンマーが原産国です。このプエラリアには、植物性のエストロゲンが含まれています。エストロゲンは女性ホルモンとよく似た働きをします。女性ホルモンは、女性らしい体にするには欠かせない成分になります。他にもプエラリンが含まれています。プエラリンにはイソフラボンが多く含まれていて、その量は大豆の40倍にもなります。プエラリンは女性ホルモンの働きを助けてくれる効果があります。

プエラリアの危険性について

プエラリアは植物性のエストロゲンやプエラリンが含まれていますので、女性らしい体を作るには最適な成分です。しかし副作用もありますので注意しなければなりません。植物性のエストロゲンやプエラリンを過剰に摂取すると、女性ホルモンの過剰摂取になるので体に様々な症状が起こります。頭やお腹がが痛くなったり、不正出血や吐き気が起こる場合もあります。これらの症状が見られたら、プエラリアの摂取を中止するか量を減らしましょう。同じ量を飲んでも体調が悪くなる人とならない人がいます。副作用の出方には個人差があるからです。自分の体調に合わせた飲み方をする様にしましょう。プエラリアのサプリメントは様々な商品があり、含有量も違います。初めてサプリメントを飲む人は含有量の少ない物を選ぶと安心です。

 

プエラリアのサプリ

プエラリアのサプリメントを飲む事で女性ホルモンと似た成分を摂取する事が出来ます。植物性のエストロゲンとプエラリンの相乗効果で効果が高まります。女性らしい体になれますのでバストアップに効果があります。胸が小さくて悩んでいる人にはお勧めのサプリです。また年齢を重ねると、女性ホルモンが減少していきます。そうすると更年期障害の症状が出てくる場合があります。ホットフラッシュやイライラするなどの症状に悩まされている人もいるでしょう。プエラリアを飲む事で、この様な更年期障害の症状を軽減する事が出来ます。他にもプエラリアの効果はあります。それは美肌効果がある事です。プエラリアを飲むと肌に艶が出てくるのでお勧めです。

産後のバストケアにプエラリア入りのサプリを飲みました

プエラリア(学名:Pueraria mirifica)は、タイやミャンマーに自生する、マメ科クズ属の植物。
植物性のエストロゲン・イソフラボンが含有され、その含有量は大豆の40倍とも言われる。女性ホルモンと似た作用を持ち、エストロゲン補充療法(更年期障害、ホルモン置換療法など)に使用される、高エストロゲン性のハーブとされる。プエラリアには赤・黒・白の3種が存在するが、女性が注目する効能を持つのは白の「ガウクルア種」であり、一般にサプリメントとして市販される。

プエラリアの危険性

プエラリア・ミリフィカは、判別が困難である。原生国のタイには、類似のマメ科植物が多数生息しており、現地民にも判別が非常に困難とされている為である。
故に、サプリメントとして購入した場合、類似植物の混入や、プエラリア・ミリフィカ自体が含まれていない可能性も十分に考えられる。類似植物の場合、頭痛や吐き気を催す危険性がある。
また、「生理が止まった」「不正出血が起こった」という健康被害が相次いでいる。生理が止まる健康被害は、本来剥離するはずの子宮内膜が増殖を続けていることで、つまり、内膜症や子宮内膜癌のリスクが高まるということを意味している。そのため、昨年8月には国民生活センターなどが摂取を控えるよう呼び掛けている。
原産国のタイでは、一日摂取量を100mg未満と定めているが、日本ではサプリに使う際の含有量などに規制がないため、こういった副作用の健康被害が相次いでいるものと思われる。

産後のバストケアに!

産後の胸の垂れやハリのなさで悩んでいる、授乳後・卒乳後の女性が、産前のようなバストのハリを取り戻せる効果が期待できる。(この場合、生理1周間前~生理中の服用は避ける)
更年期障害で悩む女性が服用することで、ホルモンバランスを整え、つらい更年期障害を緩和する効果が期待できる。
上に該当しない女性でも、植物性エストロゲンや、プエラリンといった成分の効果で、バストアップする可能性がある。
また、女性ホルモンに似た成分を摂取するので、美肌効果を期待できたり、体毛が薄くなる可能性もある。
男性が摂取した場合、女性と同じように美肌や体毛が薄くなる効果の他、固くゴワゴワした髪質がつややかでやわらかくなる効果や、メリハリのあるくびれを作る事が期待できる。

クリスチャンマリアの効果と口コミ>>

危険性を理解してプエラリアを摂取して更年期に備える

プエラリアとは、亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科クズ属の植物です。
大部分はショ糖(砂糖)・食物繊維ですが、
女性ホルモンに似た効果を及ぼす植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれているので、バストアップ効果に期待が出来ると言われております。
其の含有量は大豆の約40倍にも達すると言われております。
特に美肌効果等を望める成分が含まれているものは「プエラリアミリフィカ」と呼ばれ、多くのバストアップサプリメント等に使用されている様です。

プエラリアの危険性や考えられる副作用について

プエラリアの副作用は、主に過剰摂取によって起こる様ですが
此れはプエラリア自体の副作用ではなく、女性ホルモンの過剰摂取によるものの様です。
女性ホルモンの過剰摂取により、身体のホルモンバランスが崩れ下記の様な症状が出てしまう事が考えられます。
頭痛・腹痛・吐き気・むくみ・不正出血・動機・生理不順等です。
なので、プエラリアの摂取上限量を守る事が大切と考えられます。

また、女性だけでなく勿論男性にも副作用はある様で
糖尿病とC型慢性肝炎に罹患していた男性が肝機能改善を目的とし自己判断で摂取していた為、
肝不全・腎不全で死亡に至った症例も報告されている様です。

健康な方でも、勿論上限量を守ると共に
病気に罹患している方は自己判断で摂取せず
医療機関で相談する事も大事と言えます。

日本においては、特定保健用食品に含まれる植物性エストロゲン摂取量の上限を
30mg/1日と定めている様です。

プエラリアを摂取する事でどのような効果が得られる?

ミャンマーのとある古文書に、高齢の女性がプエラリアミリフィカを食し、美しさと健康をいつまでも保っていた。との趣旨の記載があったらしいです。
プエラリアを摂取する事で、植物性エストロゲン・イソフラボンが女性ホルモンに似た効果を及ぼし、
胸が大きくなり、女性らしい身体つきを手に入れる事が出来るバストアップ効果が期待出来ます。
また、美肌効果や健康に関する効果も期待出来る様です。

あとは、更年期障害の軽減や改善にも繋がる様です。
更年期障害とは女性ホルモン不足等からホルモンバランスが崩れて起こってしまう症状で、
近年では無理なダイエットや不規則な生活習慣等が原因で若い人達の間でも
若年性更年期障害になってしまう方も居る様です。
女性なら誰しもが起こりうる病気の様なので、
将来の病気の予防にも繋がりそうです。